実写版ハーレクイン?

かっこよくて頭も切れて大金持ち!そんな王子様、実在するわけがない……と、つい、なんでも否定する言い方ばかりしてしまうあなた。
事実は小説より奇なり。

カンボジア王国のシモハニ国王は、どこからどう見ても、ものすごく美形です。しかも、クラシック・ダンスやバレエを教えていた元・ダンサー。そろそろ60歳になろうかというところですが、剃髪しているためか、ダンサーとして肉体を鍛えていたからか、とても若々しくまさに年齢不詳。

そして未婚。祖母はフランス人で、芸術家肌の国王は、いまだアートに夢中で妃を迎える様子がないとか……。いったいどんな女性ならば落ち着かれるのでしょう?

アラブ首長国連邦のハムダン皇太子は、これまたハーレクインの物語の中から飛び出してきたような美しいシーク。ドバイの首長の次男ですが、長男を飛び越して皇太子に指名されました。

それもそのはず、少年のころから聡明で美しかった王子は、英国で学び、23歳でドバイ執行評議会の議長に就任。意欲的に国政に参加しており、私生活もシークらしく充実して誰もがその能力を認めているのです。

サッカー、サーフィン、スカイダイビングで遊び、馬術も大得意、それも長距離耐久レースを得意とするそうです。また、スポーツだけではなく詩もお好きとか。

ハーレクインのシークものを読んでいると、シェイク・ハムダンがモデルかと思われる男性がちらほら見つかります。こんな男性が実在するなんて……!!まさに、神に愛された御子ですね。他にもかっこいい王子様はいます。ハーレクインのような大恋愛、あながち夢ではないのかもしれませんよ?

ハーレクイン作品を便利でお得に読めるサービス

このページの先頭へ